児童養護施設 南河学園

トップページ沿  革アクセスお問い合わせ
広  告概  要育み新聞



学園歌OFF



南河学園の歌


元国分小学校校長 杉田正一  作詞・作曲


(一) 東雲の空薄紅く 明神の峯いやたかし
    旦の光人の世に 恵みの学園朝焼けに
    希望の桂と御光を 今日しも仰いで行きましょう


(二) 山紫に水清く 機が辻と国分寺
    昔の光今のこる 集う学園おひるどき
    福祉のまもりに法の道 今しも仰いで暮らしましょう


(三) 夕べの鐘の音につれて 寺山ふもとの里廓には
    街灯の光またゝいて いだかる学園童べらは
    感謝の心とお誓いを 今宵も固めて寝みましょう




大正14年2月
現在地に故伊藤宗順が司法少年保護南河学園を設立し、満24年間要保護少年の育成にあたり、この間優良団体として、度々御下賜金を下付され又表彰の光栄に浴す
昭和24年2月
故伊藤宗順が天皇皇后両陛下の御前で、全国少年保護団体を代表して、報告言上の光栄に浴す
昭和24年3月
現在の養護施設に転換し、財団法人に組織変更。入所定員五十名。
     初代園長に伊藤順雄就任。

昭和26年2月

     地域と交流のため、本園附属国分保育園を併設。

昭和27年5月

     社会福祉法人に組織変更。入所定員七十名。

昭和39年5月

     児童居室棟、鉄筋コンクリート2階建、1棟新築

昭和44年5月

     児童処遇棟、一部管理棟鉄筋コンクリート2階建、一部鉄骨1階1棟新築。

昭和53年3月

     児童娯楽室一部集会室、鉄骨2階建1棟新築。
     職員宿舎、鉄骨2階建1棟新築。

昭和53年4月

     第2代目園長、伊山羊之助就任。

平成7年4月

     第3代目園長、伊藤正順就任。

平成8年4月

     子育て支援短期利用事業開始。

平成14年4月

     第4代目園長、伊山喜二就任。

平成18年11月

     鉄筋コンクリート3階建1棟新築。


平成19年4月
     小規模グループケア開始